visage ストーリー 考察

0, 2.2k 440 29 0, 3.1k 目次. ほとんどが解説のため、ゲームをクリアしてから時間が経っている方でも、思い出しながら読めると思います。, 鍵穴をすべて覗き見ると、PS4/XBOX Oneではトロフィー/実績の「真実」を取得します。, 息子と一緒に海に出たはずの父が、イラストで島に居るのは、自身が生き残ったことの表れです。, 次に、息子を失って悲しみにくれた父親は、自分の住む土地を模した世界を生み出します。, 波が荒れていたり、塔の頂上にある鍵穴などから、このイラストがゲーム本編のオープニングにあたることが分かりますね。, なので、これがどういう意味を持つのか、今度は鍵穴ではなく、ゲーム本編である「父親の精神世界」を覗いてみましょう。, これらは『死ぬ瞬間』(On Death and Dying)という本の中に書かれている「死の受容過程」を表したものです。, その書籍はアメリカの精神科医のエリザベス・キューブラー=ロスが著したため、著者の名を取って「キューブラー=ロスモデル」とも呼ばれています。, ゲーム本編では、海難事故で亡くなったことを否定するため、海へ落ちたが、島に流れ着き助かった、という表現がされていました。, スフィンクスと言えば、エジプト神話やギリシア神話、メソポタミア神話などに登場する、ライオンの身体と人間の顔を持った神聖な怪物です。, 王家の墓に代表されるような、偉大な者の死を見守る存在としてイメージされていますね。, プレイ中に気付かなかった方もいるかもしれませんが、実は、スフィンクスの像の下にお墓があります。, そのように意味を捉えると、コンドルは怒りをぶつけられる対象(周囲にいる者の象徴)としても考えられます。, 注:トロフィー/実績の『競争』より、これが「衛兵」という名であることが示されています。, 第3段階の「取引」に失敗し、死が逃れられないものであることを悟り、絶望した状態を指します。, 前のチャプターで仲間になった風鈴の怪物も、扉を開けるための犠牲になっていきました。, 余談ですが、世界で初めて手話を使い人間との対話に成功したローランドゴリラの話をしましょう。, ココに「ゴリラは死ぬとどうなるのか」を手話で尋ねたところ、返ってきたのは「苦しみのない 穴に さようなら」だったそうです。, 話にあるように「暗い穴に入ること」が、人類を含めた動物が共通して持っている死のイメージなのかもしれませんね。, さらに各チャプターの像が父親だったこと、塔の頂上にある鍵穴が息子の部屋のものだったことが明かされます。, 息子の死を受け入れることが出来なった父親は、部屋の鍵を開けることが出来なかったのですね。, 船に救い上げることが出来なかった息子への後悔の象徴である「赤い布の切れ端」を手放します。, (筆者の憶測ですが、赤いマントだと思っていたものは、船に乗ったときに身に着けていたレインコートだと思われます), 終盤にプレイヤーが少年の父親であると明かされるまで、プレイヤーは少年であると錯覚していました。, 本来の「死の受容過程」とは、200人の末期患者との対話の中で発見されたプロセスです。, しかし、少年が死にゆく物語であるとしたら、ゲーム内の表現に1つだけ大きな矛盾が生じます。, 英題は「The Rime of the Ancient Mariner」となっています。, 水夫がアホウドリを射殺した罪により、仲間と共に南極へ流され、神秘的な体験を経て、故郷に帰郷する物語詩です。, さらには詩のテーマもゲームにあっていることから、詩の一部である「Rime」をとったそうです。, citrus_pepper13さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 10 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 当サイトに記載されている 会社名・製品名・その他固有名称等は、 各社の登録商標もしくは商標です。, 攻略情報・レビューは全て 管理人独自作成によるものです。 発売されている攻略本等と 内容は異なります。, ファイナルファンタジーⅦリメイクの売上はいったいどのぐらいなのか?予想と結果をお話します。また、分作となっている絵リメイクの、次の作品はいつ発売されるのかどうか、何部作になるのかどうか、全部PS4で遊べるのかどうかなど、細かな部分もお話します。, ペーパーマリオシリーズを徹底的に語って行きます。シリーズの一覧からシリーズの年表、実際にプレイしてみた感想から、黒ペンキ、ノワール伯爵、メガバッテンなどの敵組織の考察、ストーリーのネタバレ考察などなど、マリオストーリーから続くシリーズを語りつくします。, 初代ゼノブレイドのリマスター版「ゼノブレイド ディフィニティブエディション」のレビューと、細かな部分を解説していきます。限定版の中身の違いや、作中の犠牲者ネタバレ、ラスボス、関連商品、売上予想と結果などなど、リマスター版を徹底解説します。, ゼノブレイド2の発売日前に、色々な予想をしてみた当時の文章をまとめてみました!発売後の今、見てみるとかなり予想を外しているのが分かりますね…。当時予想した内容を、全部ご紹介します!今となっては笑い話の発売前予想を、お楽しみください。, Wiiで発売された「パンドラの塔 君のもとへ帰るまで」を語ります!レビューをはじめ、全てのエンディングの内容のネタバレやグライアイの本当の目的の考察、開発元のガンバリオンとはどのような会社なのか、この作品の隅から隅までを語って行きます!, ゼノブレイドシリーズ全作品のクリア後の要素、隠し要素、裏技をご紹介します。初代ゼノブレイド、クロス、2はもちろん、追加コンテンツの「黄金の国イーラ」や、Switchで発売された「ディフィニティブエディション」まで、全作品を解説します。. 【遊戯王ストーリー考察】《ジェムナイト・クリスタ》どこ行った? pv 4,876 いいね 8 コメント 0. 2, 22k コメント 0, 突然だが、トレカライターコロシアムというのは、人気度を基準にしてその順位を決めるシステムであるのはご存じだろうか? そう、高い順位になるためには皆さんに読まれ、なおかつ面白い、もしくはタメになる記事を書かなければならないのだ。しかし、私が今まで書いてきた記事はどうだっただろうか?, 初めはクローラーという謎の蟲についての解説。次は《星神器デミウルギア》を使った世界の滅ぼし方。はっきり言って万人受けするとは言い難いものである。, そのため、今回はまじめに遊戯王ストーリーを考察して露骨な人気度稼ぎ皆さんに楽しい読み物を提供できればいいと思う。, クリスタルパワーを最適化し、戦闘力に変えて戦うジェムナイトの上級戦士。 その高い攻撃力で敵を圧倒するぞ。 しかし、その最適化には限界を感じる事も多く、仲間たちとの結束を大切にしている。, 早速だが、今回の記事の主役《ジェムナイト・クリスタ》君を紹介させていた抱く。彼はジェムナイトの中のリーダー格の存在であり、様々な存在と融合して戦ったり、闇落ちしたり、復活したり、竜になったりととにかく波乱万丈な人生を送っている。, これらすべてが元は《ジェムナイト・クリスタ》だというのだから驚きである。まさにDT世界の主人公といっても過言ではないだろう。, DT世界のゴタゴタについては、すでに多くの記事で解説されているためそちらを見てもらうとしてそんな主人公、《ジェムナイト・クリスタ》が最終的にどうなったかというと、端的に言えば光の中へと消えた。, 光の向こうでは、ストーリー中で死亡した《リチュア・ナタリア》や《リチュア・ノエリア》、《ジェムナイト・パール》が出迎えに来ており、《ジェムナイト・クリスタ》も死亡したと思われていた。しかし、実は近年それを否定するようなカードが発表されていたのだ。, このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ジェムナイト」カード1枚を手札に加える。 (2):1000LPを払って発動できる。 自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、 「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをデッキに戻し、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。, それがこちらのカードである。新マスタールールになり今までの動きを封じられたジェムナイトたちの救世主なのだが、注目すべきはその絵である。, 背中にセフィラ由来と思われる翼があるが、明らかに《ジェムナイト・クリスタ》が鎧をまとっている、もしくはキャストオフしている最中を表している。いやお前ら中身あったんかーいという突っ込みは置いておいて、少なくともDT世界の出来事においてこのような絵が出来上がる場面はない。つまり、《ジェムナイト・クリスタ》が光の中に消えた後の出来事であるのではないか? という疑惑が発生するのだ。, (1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。 そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。 【モンスター効果】 このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の 融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。, 彼は竜剣士の物語の主人公であり、一見DT世界の住人である《ジェムナイト・クリスタ》とは関係ないように見える。しかし、髪の色と質感を見てほしい。まったく同じように見えるのはただの偶然だろうか? よくよく見ると、鎧のデザインも似ているように見える。, また、このカードでは彼の進化を遂げた姿《竜剣士マスターP》の素顔を見ることができる。発表当時は《竜魔王ベクターP》と同じ顔をしていると話題になったが、《ジェムナイト・ファントムルーツ》の顔にも似ているように見えないだろうか? そういえば、《ジェムナイト・クリスタ》は《智天の神星龍》などで闇と光二つの力を手に入れている。また、《竜魔王ベクターP》の魔力の源泉はこの次元のものではないと噂されているらしい。, 《ジェムナイト・クリスタ》は竜剣士として異世界転生を果たしたのではないか?説である。, しかし、少し待ってほしい。いくら《ジェムナイト・クリスタ》と《竜剣士ラスターP》が似ているといっても、他人の空似ということもあるのではないだろうか? 同一人物というからには、一体どのように別世界に移動したのかも突き止めなければならない。, これは非常に難しい問題だ。ジェムナイトにもセフィラにも《ジェムナイト・クリスタ》の世界移動を可能にするようなものはどこにも…, そう、メタファイズである。こちらも一見《ジェムナイト・クリスタ》とは関係がなさそうに見えるが、もちろんそんなことはない。よく画像を見てほしい。, まず、《メタファイズ・エグゼキューター》の見た目。どことなく大木に見えないだろうか? 下半身は植物の張り巡らされた根のようにも見える。, また、竜のようになっている腕も注目してほしい。まるで一つ目にも見える部分、よく見ると竜星のマークのようなものがあることが確認できる。, さて、皆さんもうお分かりだろうか? 竜星の力を得ている大木…。そう、神星樹である。, つまり、この《メタファイズ・エグゼキューター》は神星樹が何らかの力で変質した存在であり、彼こそが《ジェムナイト・クリスタ》を別世界へと送り込んだ執行者なのではないだろうか?, …だって竜剣士の物語結局どうなったかわからないからしょうがない。《真竜皇V.F.D.》を倒せたかどうかすらわかる材料がないため、現在彼が何をしているのかは闇に包まれている。, 《メタファイズ・エグゼキューター》の下部の球体、これは《星神器デミウルギア》に非常にそっくりなのである。つまり、DT世界と竜剣士世界と星遺物世界三つは平行世界なのではないかという推測が成り立つ。《ジェムナイト・クリスタ》が星遺物の世界にやってくる日も近いのかもしれない―。, 最後に、我々調査隊が約3分にも及ぶ研究の末発見したアナグラムでこの説を決定的なものにして終わりたいと思う。, 《ジェムナイト・クリスタ》《星神器デミウルギア》《暗遷士 カンゴルゴーム》《ジェムナイト・ファントムルーツ》, 9.4k 0, 17k 任天堂から発売されたWiiソフト「ラストストーリー」のエンディングまでの展開をネタバレ!また、作中での気になる部分を徹底的に考察していきます。担当声優さんの一覧や、続編”ラストストーリー2”が発売される可能性があるのかどうかまで、考えてみました。 outlastⅡ 考察① 過去編のまとめ ジェシカの真相を中心に、過去に起きた出来事、キャラなどの考察・まとめ。 1周目時点での解釈と考察です。間違いもあるかもしれません。完全ネタバレ。エンディング情報もあり、ご注意ください。クリア済み前提の記事になってます。 6, ホーム » 遊戯王 » 遊戯王 - コラム » 【遊戯王ストーリー考察】《ジェムナイト・クリスタ》どこ行った?. いいね 0, 1.9k 1, 73k 35 ゼノブレイドとほぼ同時期に発表され、ゼノブレイドの半年後に発売されたタイトルです。当時はゼノブレイドと同等の扱いで宣伝されており、売上も10万本越えを記録した作品でした。, その後、シリーズ展開が続いたゼノブレイドとは違い、 こちらはザンネンながらシリーズ展開は続きませんでしたが…。, 坂口博信さんが率いるミストウォーカーが開発を行った RPGゲームで、新しいカタチのRPGを目指して開発された 作品です。騎士にあこがれる傭兵たちの戦いを描くストーリーと ギャザリングというシステムが特徴的ですね。, RPGらしい作りになっています。戦闘は結構アクション要素も強めで、ギャザリングなどのシステムに慣れるまでは少し戸惑いましたが、一度慣れてしまえば爽快に戦闘を行えるようになりました!なかなか良いシステムですね。, プレイステーション3などを遊んだ後だと流石に見劣りはしますが、Wiiの中ではかなり良い方ではないでしょうか。空の感じなど、個人的には結構きれいだったと思います。時々入るCGムービーもなかなかでしたね(CGムービーはほとんどありませんが・・・), 王道なストーリーですが個人的にははまりました! 特にジルが良いキャラをしてますね!最初から最後まで小物という(笑 個人的にはアルガナン伯爵もお気に入り。 ジル同様、最初から最後まで小物なのが笑えます。, あとは…クォーク。彼はザンネンでしたね。。ゼノブレイドのダンバンさんのように最後まで頼れる兄貴分で居て欲しかったものです。, 音楽もなかなか良い感じです。 メインテーマはPVで聞いたときから気に入りました! 他にジルのテーマやザングルグのテーマなどがお気に入りです。, ラスボスのBGMは突然はじけた感じでびっくりしましたが、 あれはあれで良い曲のような・・・。, サブストーリーもそこそこ豊富です。 ルリの街は結構遊べる要素も多いですしね…。 しかしながらゼノブレイドに比べると少しさびしい印象でしょうか。, 一瞬オープンワールド形式にも見えましたが基本的にはワールドマップを移動する形式です。特に終盤は1本道でした。まぁ、これはこれで面白いので個人的には気になりませんが。。, 世間での評価は賛否両論ですが、個人的には楽しめました! ゼノブレイドに次ぐお気に入りです。 RPGとしてしっかりできた作品だと思いますよ。, 〇アリエル ケンスーの娘で酒場を切り盛りする女性。 傭兵団に対しても分け隔てなく接してくれる。, 〇アルガナン伯爵 ルリ島の領主。いずれは帝国を支配しようと目論んでいる野心家。 エルザに接近し、その異邦の力を利用しようとするも、 最後は異邦のモノの力を引き出そうとした際に 自らがエネルギーを吸い取られてしまい絶命した。, 〇イルミナ ロッタの妻。とある屋敷に捕らえられていたものの エルザらによって救出された。, 〇エルザ 物語の主人公で傭兵団の一員。幼い頃にクォークと出会い 以降、苦楽を共にしてきた。 ルリ島の任務で、異邦の力を手に入れ、運命を変えていく。, 〇カナン アルガナン家の姫君。叔父の下、閉塞下での生活を強いられていた。 エルザと出会い、その運命を変えていくことに。, 〇キャプテン グルグ賊の一人で、船の船長。エルザらに魔物を差し向けるも 逆に自分が攻撃されてしまう。, 〇クォーク 傭兵団のリーダー的存在。戦闘から交渉までこなし 仲間からの信頼は厚い。 最終的にエルザらを裏切り、対立。激戦の末に敗れ去り、 後悔の言葉を口にしながら息を引き取った。, 〇ケンスー アリエルの父で酒場を切り盛りする男性。 エルザらにも親身に接してくれる。, 〇ザングルグ 人間と敵対する種族、グルグ族の王。 異邦の力を求めてルリ島を数度にわたり襲撃した。 最後はエルザらとの戦いに敗れ、手だけの姿になって 異邦の力の元へ向かうも、途中でクォークにとどめを刺された。, 〇ジャッカル 傭兵団の一員。軽口が目立つも芯はしっかりとしている人物。 クォーク不在時はまとめ役としても活躍した。 ゼーシャの攻撃で一度は命を落とすも、クォークの最後の力に より息を吹き返した。, 〇ジル ランバルト公爵家の長男。カナンの婚約者。 しかしながら歪んだ人格の持ち主で、カナンと親しくしていた エルザに目をつけ、執拗な嫌がらせを繰り返した。 後に失脚、ザングルグから力を授かるも、エルザらによって 倒されて消滅した。, 〇ゼーシャ ザングルグに仕える双子剣士の弟。 エルザらとの戦いに敗れ去り、倒れた。, 〇ゼーファ ザングルグに仕える双子剣士の兄。 エルザらとの戦いに敗れ、ユーリスのダガーによってとどめを刺された。, 〇セイレン 傭兵団の一員。大酒のみのムードメーカー。 女性中心の国家出身。ジャッカルに好意がある模様。, 〇ゾラ 盗賊団の頭。かってエルザらの仲間だったが裏切っている。 後に商売を始めることに。, 〇タシャ トリスタを尊敬し、師と仰ぐ白騎士。当初、エルザらを 見下していたが、次第にその力を認め、共闘するようになる, 〇トリスタ将軍 元帝国軍の最高司令官。ルリ島を訪れ異変の調査を行っていた。 エルザらにも分け隔てなく接する人格者。 しかしながら2度目のグルグ襲撃の際にクォークによって斬られ、 エルザの目の前で絶命してしまう, 〇マナミア 傭兵団の一員。森の神獣に育てられた過去を持つ。 恐ろしいまでの大食い。帝国の異変について調べている。, 〇ユーリス 傭兵団の一員。当初は仲間達と一定の距離を置いていたが、 船での任務で自身の過去を払拭してからは、仲間意識を強める。, 〇ロッタ ルリ島で鍛冶屋を営む男性。何度かエルザらの任務に 同行することになってしまう。, 〇ワック アリエルらの酒場で繰らす少年。血のつながりはないものの 家族同様の扱いを受け、大切にされている。, 犠牲者1・トリスタ将軍 2度目のグルグ族襲撃の際に、クォークの手により背後から斬られ 負傷。駆けつけたエルザに今後を託し、息絶えてしまう。, 犠牲者2・アルガナン伯爵 ルリ島の領主。3度目のグルグ族襲撃の際に異邦の者の力を使い、 グルグ族を駆逐しようとするも、自身が異邦の者にエネルギーを 吸い取られてしまい絶命する, 犠牲者3・ジル 散々エルザを妨害してきたジル。最後はザングルグから力を 授かり、エルザに挑むものの敗北、 持っていた剣、エンペラーに自身が貫かれて消滅する, 犠牲者4・ゼーファ ラストワールド内でエルザらと対決するも敗北、 最後はユーリスの放ったダガーに貫かれて倒れる。, 犠牲者5・ゼーシャ ゼーファに続き、エルザらの前に現れるも敗北。 その後、その場に残ったユーリス、マナミア、セイレンの 3人によって倒された模様。, 犠牲者6・ザングルグ グルグ族の王。エルザらとの戦いに敗北後、肉体は消滅。 手だけの姿となって、異邦の力を手にしようとするも、 最後はクォークによってトドメをさされる。, 犠牲者7・クォーク エルザらを裏切り、異邦の者の力を自らが手にし、怪物と化す。 最後はエルザらとの戦いに敗れ 「俺を止めてくれてありがとう」という言葉を残し息を引き取ってしまう。, 以上、ラストストーリーの犠牲者たちでした。 リーダー格の人物が結構犠牲になっています。 ルリ島の復興には新しい世代の力が必要ですね。。, ラストストーリーにおいて、人間たちと敵対している種族です。 作中では、主な敵として立ちはだかり続けていました。 ルリ島を主に侵攻しようと、企てていたようですね。 人間とは異なる特徴を持つ種族です。, 多数の武装や設備を持っており、ルリ島側も、なかなか 攻撃出来ていない様子だったことから、なかなかの戦力を 保有していたものと思われます。ただし、帝国本土を直接 攻撃できるほどの戦力はなかったみたいですね, 裏切り者などが作中で出た描写はなく、 ザングルグの高いカリスマ性によって統率されていたものと 思われます。しかしながら、ザングルグが倒されたのちは人間と 若いしており、ザングルグのカリスマ性によって維持されていた、 という感じでしょうか。, 主要メンバー以外に、相当な数のグルグ族兵士が 存在しており、その兵力はかなりのものであることが 伺えます。組織と言うよりは、一つの種族ですから、 人数が多いことにも頷けます。, 作中では、主要敵として最初から終盤まで、 立ちはだかり続けました。 なかなかに大きな組織、という印象ですね。 ラスボスにはなれませんでしたけれど…!, ルリ島の領主を務める人物で、クォークら傭兵団の 雇い主にもあたる人物です。 若干身体に不自由な部分があり、杖を使いながら歩いているのが 特徴的です。, 作中での行動 物語中盤から登場。当初はエルザたちにあまり関心のない様子 でしたが、エルザが異邦の力を手にしていることを知ると、 態度を一転させて、エルザらを懐柔するように。 しかしながら、考えの違いからエルザらに決別を告げられる。 最後は、グルグ族の襲撃を前に、異邦の力を暴走させるも、 その力にエネルギーを吸い取られて絶命しました。, アルガナン伯爵はいずれ帝国全土をも支配しようという 野心を持っていました。 その野心から黒いうわさを絶えず、おそらくはあくどい事も 影でたくさんしてきているものと思われます。, カナンに対する想いは? 後に読めるアルガナンの日記から判断するに、 アルガナン伯爵にも、カナンに対する愛情は、多少はあったものと 考えられます。カナンの父に対して手を下した疑惑も出ていましたが 日記から判断する限り、それは無さそうにも見えました。, 最後は唐突に倒れてしまったアルガナン伯爵。 これは、暴走した異邦の者が周囲のエネルギーを吸収したことにより アルガナン伯爵もエネルギーを吸い取られてそのまま絶命してしまった、 ということのようです。, トリスタ将軍を尊敬し、付き従う白騎士。 その実力は確かなもので、また、まっすぐな信念を持っているがゆえに 融通が利かない部分も。 トリスタ将軍と共にルリ島を訪れてエルザたちとも接点を持つことに。, 作中において タシャは当初、エルザたち傭兵のことを快く思っておらず、 衝突するような場面も見受けられました。 が、次第にエルザたちのことを認めていくようになり、最終的には 共闘関係を結びに至ります。, グルグ族とも渡り合えるだけの実力を持っており、 トリスタ将軍の弟子として学んできただけのことはあります。 エルザと腕試しを行う場面もありますが、その際にも確かな 実力をは発揮していました。, 最終決戦にタシャが居れば心強い戦力になったとは思いますが、 タシャはルリ島の港での戦いの際に、エルザを庇い負傷してしまったため、 最終決戦の地、ラストワールドに同行することはできませんでした。 しかしながら、エルザたちとは別のところで、島の住人を守るなど していたものと思われます。, 当初の、エルザたちとの関係は決して良いモノではありませんでした。 初登場時は実際に傭兵団と衝突しています。 しかしながら、クォークとの関係が悪化し、トリスタを失い、アルガナンに 不信感を持ち始めた状況においては、エルザにとっては数少ない 信頼できる仲間だったのではないでしょうか, エルザたちのある意味ではライバル的存在として登場したタシャ。 トリスタやアルガナン、クォーク、ジルなど、多くの人物が命を落としていく中、 タシャは最後まで無事に生き延びることができました。 クリア後にはタシャと剣の実力を試すこともできます。, 人間と敵対する種族、グルグ族の王で、 圧倒的カリスマ力で、グルグ族をまとめあげている人物です。 その実力も確かなもので、作中では当初、エルザを圧倒していました。 また、仲間とのやり取りから、完全に冷徹な人物でもないようです。, 作中での行動 ルリ島を幾度にも渡り襲撃、その最中に異邦の力を手に入れ、 エルザと対等の力を持つものとして、対峙することになります。 最後はラストワールドでエルザとの戦いに敗北、 手だけの姿となって異邦のものを復活させようとしましたが、 クォークによってトドメを刺され、最後を遂げました。, カリスマ性 すべてのグルグ族をまとめあげていただけあって、 そのカリスマ性は圧倒的なものがあったようです。 事実、側近のゼーファとゼーシャはザングルグにかなり 心酔している様子でした。, 戦闘は? ザングルグとの戦闘は2回。 最初の戦闘はイベントのようなものなので、実質上、まともに 戦うのはラストワールド内部での最後の戦いのみです。 ラスボスになりそうな立ち位置ではありましたが、最終的には ラスボスにはなりませんでした。, ガノンドロフに似ている? 同じ任天堂のゼルダの伝説シリーズに登場する ガノンドロフによく似ている、と言われています(笑) 確かにガノンドロフに似ていますね…。 まぁ、同じ任天堂のゲームなので、問題はないでしょうけれど!, グルグ船の船長を務めていたグルグ族の一人です。 グルグ族の中でも、船長を任されるぐらいですから、多少は有能な人物だったのかも しれません。なお、作中で名前を呼ばれることはなく、クレジットにも 「キャプテン」と表示されているので名前は不明です, 作中において グルグ船の船長として登場。船に乗り込んできたエルザらの前に姿を 現して、怪物を差し向けましたが、自分がその怪物によって攻撃されてしまい、 そのまま消滅することになってしまいます。 クォークにも「笑わせてくれる」などと言われてしまっていました。, しかしながら、クリア後に挑める闘技場の新たなるステージで、キャプテンが 再び登場し、エルザに魔物を差し向けてきます。結局、この時も魔物に よって、2度にわたって攻撃されてしまい、その後の消息は不明です。 なお、エルザたちには存在すら覚えてもらえていませんでした。, キャプテンが実際に戦うシーンは存在しないため戦闘能力は不明です。 ただ、自分で戦おうとせずに怪物を差し向けていたところを見る限り、 キャプテン自身の戦闘能力は低いモノと推測されます。 ただし、部下を統率する力に関してはある程度あったのかもしれません, ・消えていた気がする 闘技場で再登場するキャプテンですが、最初にグルグ船で登場したシーンを 良く見てみると、怪物に吹き飛ばされた後に、消滅しているような気もします。 あれは、どういうことなのでしょう(笑) もしかしたら、別のキャプテンなのかもしれませんね(強引), クォークとは 主人公エルザたちが所属する傭兵団のリーダーで、 エルザたちにとっても頼れる人物。 しかしながら、次第にすれ違いが生じていき、最後には裏切り者と なったクォークがラスボスとして立ちはだかります。, アルガナンは、 ルリ島の領主で、いずれ帝国全土を手中に収めようとしている人物 でした。エルザを懐柔しようと暗躍しましたが、最終的には 異邦の者に力を吸収されて最後を遂げました。, 作中中盤では二人がグルであるかのような行動をしています。 ジルによってエルザが拘束された際には クォークがアルガナンに力のことを吹きこみ、 エルザを解放させています。 この時から、アルガナン伯爵はジルのことを見捨て、 エルザを懐柔するため、動き出した模様です。 クォークとも、この時に結託したのでしょう。, ジルを罠にはめて… トリスタ将軍襲撃の容疑がかかった際に、 クォークの提案でジルの部屋に向かい、 そこで、ジルの部屋に置かれた証拠品を押収、 そこにアルガナン伯爵も現れて、ジルは拘束される、、 という展開でした。 ジルはトリスタが犠牲になったこととは無関係であり、 後々の発言からクォークがはめたことであることが判明 しています。, ですが、アルガナン伯爵もクォークの言葉を あっけなく信じることから、 事前にクォークとアルガナンの間で、何らかの 密談があったのかもしれません。, ただし結託は一時的昔からクォークとアルガナンは繋がっていたのか…とも思いがちですが、あくまでも一時的な結託であることがうかがえます。 実際にグルグ族襲撃の際に、クォークの姿が見えないことに 対してアルガナン伯爵は「無能」呼ばわりしており、 アルガナンもクォークも互いを己の利害のために 利用していたに過ぎない雰囲気です。, 二人の目的はそもそも違いました。共に異邦の力を欲していたのは確かですが、アルガナンは己が帝国を支配するため、クォークは私怨と、力を手に入れるためでした。二人とも、向いている方向がそもそも違う場所だったのです。, アルガナンとクォークは、あくまでもクォーク側からの 働きかけで一時的に結託したに過ぎないのだと思います。 ジルはその被害者、ということですね (まぁ、ジルのやってることもどうしようもないので 仕方がないですが), ザングルグの側近を務める双子剣士の弟。 魔法攻撃を併用する兄とは異なり、剣のみでの戦いを 得意としています。 赤に光るオーラが特徴ですね。, 最終決戦の場で、兄のゼーファが倒されたのちに その場に残り、ザングルグの元へ行かせないための 足止めを行い、エルザたちの前に立ちはだかることに。, 一度は倒されたのですが、完全に倒されておらず 復活してジャッカルを襲撃、 再び戦闘状態になります, その後、仲間のセイレン、マナミア、ユーリスの3人に 「先に行け」と言われてエルザは一人で奥へと進むことに なります。 その後、その戦いがどうなったのかは描かれていません。, しかしながら、ユーリスたち3人が、ザングルグとの戦いの最中に駆けつけたことから、エルザが先に行った後に、ゼーシャはそのまま倒されたものと思われます。, ラスボスであるクォークを倒し、脱出する最中に ユーリスたちとゼーシャが戦った現場には、 ゼーシャが使っていたと思われる武器が落ちています。 このことから、やはりゼーシャは倒されているものと思われます。, 剣が落ちているため、ゼーシャは倒されたものと 思われますが、明確にその最後は描かれていないので、 確実に倒された、ということはできません。 まぁ、恐らくは倒されていると思いますが…, 終盤までそれほど活躍の場面もない2人。 ただ、ザングルグとの信頼関係はそれなりにあったみたいですね。 ゼーシャのほうは専用曲があり、 兄のゼーファはなぜか一般戦闘曲なのが笑えます。, チャプター1 〇エルザ 登場 〇クォーク 登場 〇セイレン 登場 〇ユーリス 登場, チャプター3 〇ジャッカル 登場 〇マナミア 登場 〇アリエル 登場 〇ワック 登場 〇ケンスー 登場, チャプター9 〇アルガナン伯爵 登場 〇ジル 登場 〇ザングルグ 登場 〇ゼーファ 登場 〇ゼーシャ 登場, チャプター12 チャプター13 チャプター14 チャプター15 チャプター16 チャプター17, チャプター27 チャプター28 チャプター29 チャプター30 チャプター31 チャプター32 チャプター33, チャプター40 Xクォーク、エルザとの戦いに敗れ、行動の非を詫び、犠牲に。 Xザングルグ、エルザらとの戦いに敗北後、クォークにトドメを刺される Xゼーシャ、セイレンら3人の傭兵と戦った末に倒れる。 Xゼーファ、ユーリスが放ったダガーにより倒れる。, ラストストーリーの敵は? 主な敵は人類と敵対する「グルグ族」ですね。 それに、アルガナン伯爵ら陰謀を企てる人物や、 仲間を裏切る”裏切り者”などが敵として立ちはだかる ことになります。, クォーク 本作のラスボス。 傭兵団のリーダーでありながらザングルグと取引するなどして 暗躍していました。 最後の最後で裏切り、チャプター40で、エルザたちの前に 立ちはだかることになります。, ザングルグ グルグ族を統治する王。圧倒的力とカリスマ性を持つ人物で、 当初からの敵として立ちはだかります。 戦闘は2回行われ、チャプター10と40で戦います。 10の時は半分イベントなので、それほど苦戦しないはずです。, ゼーファ ザングルグに仕える双子剣士の兄。 弟のゼーシャとは異なり、魔法も併用する強敵です。 戦闘は2回。チャプター37と40でそれぞれ戦います。, ゼーシャ ザングルグに仕える双子剣士の弟。 兄以上の剣技で、エルザたちの前に立ちはだかります。 戦闘は2回。チャプター37とチャプター40で戦います。, アルガナン伯爵 ルリ島の領主。狡猾な性格の持ち主で、エルザを利用し、 いずれ帝国全土を手中に収めようと目論んでいました。 どちらかと言うと、謀略方面の人物ですね。 戦闘はありません。, ジル ランバルト公爵家からやってきた人物で、カナンの婚約者。 当初からエルザを目のカタキにし、執拗な妨害などを 行っていました。 戦闘は1回のみ。チャプター38で戦います。, ゾラ かつてエルザたちを裏切った人物で、現在の盗賊団の頭。 エルザたちととあることをきっかけに対決することになります。 戦闘は1回のみ。チャプター6で対決します (ただし、最後までは戦わない), キャプテン グルグ船の船長を務めるグルグ族の一人。 調子に乗りやすい性格なのか、魔物を差し向けて有頂天になる一面も。 戦闘前に魔物に突き飛ばされてしまうため、戦闘はなし。, 攻略本は3種類ほど発売されています。 小学館の任天堂公式ガイドブック、エンターブレインのコンプリートガイド、 そして、集英社のギャザリングマスターガイドですね。 このうち、集英社のものは途中までしか攻略されていないので、 今から購入するのであれば、残り2つがおすすめです。, RPGゲームではよく発売される設定資料集ですが、ラストストーリーのものは 発売されていません。 早期購入特典として、キャラクター設定資料集(ミニ)がついていたこと、 そして任天堂公式ガイドブックの後半に少し資料集があることぐらいでしょうか。, CDに関しては、 ドッグイヤーレコーズという会社よりサウンドトラックCDが発売されています。 ディスク3枚組のサントラですね。 また、早期購入特典としてミニサントラも付属されていました。 こちらは数曲のみの収録になっています。, ゲーム内のサウンドテストは存在しません。 そのため、音楽をじっくりと楽しみたい場合は、サウンドトラックCDを 購入するなどしないといけません。 直接ステージ内で聞くこともできると言えばできますが…, その他の関連商品はほとんど発売されていません。 スマブラforWiiUとSPにはエルザとカナンのフィギュア(スピリッツ)が登場しており、 少しだけラストストーリー要素を楽しむことができます (ゼノブレイドのように参戦はしていません), アルガナン伯爵は何故倒れたのか? 最初、突然倒れるアルガナン伯爵を見て、 「え?え???」という感じでした。 まぁ、結局のところ、異邦のモノによりエネルギーを吸い取られて 絶命した、ということみたいですが、最初は展開に置いていかれました。, クォークは何故裏切ったのか? 騎士への復讐に囚われるあまり、暴走してしまった、、といううところ でしょうか。トリスタ将軍への誤解も、暴走の一つの要因でしたね。 あとは、弟のようにかわいがっていたエルザが独り立ちしていくことへの 寂しさ、異邦のモノに自分ではなくエルザが選ばれたことへの嫉妬、 そういうものもあったのかもしれません。, ザングルグの最後は? ザングルグは最後、手だけになって、異邦のモノの力を手に入れようと していました。あれは何だったのでしょう? あの状態で力を手に入れたら、肉体も復活したのでしょうか?, ジャッカルは何故生き返った? これは…まぁ、、その、異邦のモノの力を得たクォークの 最後の力、、とでも言っておけば良いのでしょうか? まぁ、何にせよ生き返って良かったのではないでしょうか?, 帝国… 作中では”帝国”の存在を匂わせていますが、結局 ルリ島内部で物語は終わりました。 続編か何か作る場合は、帝国を使おうとしていたのではないかと 個人的には思います。, トリスタ将軍は何故… 何故トリスタ将軍は、最後にエルザがやってきたとき 「クォークに気をつけろ」ではなく、「あいつに気をつけろ」と 言ってしまったのでしょうか(笑) 意識がもうろうとしていたのか… それともご都合主義か(笑), キャプテンとは? グルグ族の一人で、グルグ船のキャプテンを務めていた人物です。 尊大な雰囲気でエルザたちの前に姿を現します。 なお、キャプテンの本名については不明です。 恐らくなんらかの名前はあるのだと思いますが…, 作中での行動 グルグ船に乗り込んできたエルザたちの前に 姿を現し、エルザたちと会話を交したのちに、怪物を差し向けるも その怪物によって弾き飛ばされてしまい消滅。 本編での出番はこれで終わりです。, 闘技場で・・・ しかし、闘技場で再登場。再びエルザたちの前に現れれて 怪物を差し向けるも、再び返り討ちにあってしまいます。 このときも怪物を差し向けて、その怪物に襲われる、という パターンでした。, エルザたちには… エルザたちには、認識すらされておらず、闘技場で エルザらと再度遭遇した際には「誰だっけ?」みたいな 扱いを受けていました。 たしかに大勢のグルグ族と戦っていたので、 忘れていても仕方ないのかもしれません。, キャプテンの謎 キャプテンは、最初の登場時、魔物の攻撃されたあと、 確かに消滅している気がします。 てっきりあれで終わりかと思いきや生きていた…、 あの演出は逃走していた、ということなのでしょうか(笑) 確かに肉体が消滅しているように見えましたが…w 実は複数のキャプテンが居る説も…??, まとめ かなりの脇役かつネタキャラではありますが、 印象に残る人にとっては印象に残るかもしれません。, ラストストーリーの続編が出る可能性… これは、ザンネンながら限りなく低いかと思います。, 坂口さん作品は、他にもいくつか出ていますが 「ロストオデッセイ(XBOX360)」など、 単発シリーズのものが最近は多いです。, もしも、また同じような開発チームで RPGゲームが発売されるとしても それは「ラストストーリー」ではなく、 新たな作品になる可能性が非常に高いかと思います。, セールス面で考えても、 今更2011年のゲームの続編を出すよりも 新規IPで出した方が、売上が期待できる、 というのも事実として、あるのではないでしょうか。.

Buy Neuromorphic Chip, Austin Willis Death Texas, Can You Play Minecraft On Kano, Chad Einbinder Wiki, Tokyo Mirage Sessions War Testament, Tad Name Popularity, Muyskerm Net Worth, Google Express Tracking, Pirlo Tv 7, 60 Blanchard Grinder, Ty Rattie Khl Contract, 1977 Vin Check, Utv Comparison Chart 2019, Cicero Quotes Skyrim, 内田篤人 結婚式 グランドハイアット, Big City Greens Romance, Hal Labs Taxman, 内田篤人 結婚式 グランドハイアット, How Much Was Ed Mcmahon Worth, Gmk Keycaps Reddit, Ben 10 Ppsspp,